楽天モバイルで知らないと罠と思う3つの事を解説。1ギガ無料・0円スマホ・加入タイミング

楽天モバイル

楽天モバイルは無料で始められ月々0円運用も可能な事もあり、ウラがあると勘ぐる人も居れば、全部タダと思ったのに違った”罠だ”と”詐欺だ”と厚かましい人もおりますが・・・。

理解をしていれば、勘ぐることもだとか思うこともありません。今回は特に多い誤解からの批判が出る3つのこと、1ギガ無料・0円スマホ・加入タイミングについてを、詳しく解説します。

1ギガ無料を使い切るは難しい

楽天モバイルは、段階制プランを採用しています。そして低速でも高速でも通信をしたら全てカウントされていき、月のトータルでのデータ利用量毎に、月額料金も変わります。

例えば、上記であれば、1.01GB利用(0.01GBオーバー)したので、1GBまで無料を超えて、次の段階の「3GBまで」の1,078円に該当し、支払いが必要です。要は、格安SIMでよくある月1GBや3GBプランと言った、使い切ったら低速になりそれ以上請求はないシステムとは違います。

そのため、特に少量データ利用の場合は、楽天モバイルではいつも高い金額を払っていると感じる人も出る場合があります。1.01GB利用や3.01GB利用などなど。

ただし、楽天モバイルは無制限3,278円となっているので、青天井で請求は増えません。また自身で利用量を減らす様に心がける事が大事です。

安さを求めるならデュアルSIM等他の通信も

デュアルSIMやWiFi環境を整える事で、楽天モバイルでのデータ利用量を大幅に減らすことも可能です。ただし、これはあくまでも支払い先が変わるだけの事ですので、データを使う量によっては対策は異なります。

例えば、家族で大幅にデータ通信量を減らしたいと思うなら、一番は自宅でのWiFi環境を作りモバイル通信を自宅内で止める事です。例えば、楽天ひかりを使えば、家族みんなで月額5,280円(戸建)で使い放題です。(1年間無料キャンペーンあり)

または、一人暮らしや外でのデータ通信利用が多い人なら、格安SIMとの併用で、安くすることも可能です。次の2通りだおすすめです。

ひかり通信については、楽天ひかり公式サイトへ:

実質価格と支払額は違う(0円・1円スマホ)

楽天モバイルでは、実質価格0円や実質価格1円とアピールする事がよくあります。主な実質価格が安いスマホは次の通りです。

  • Rakuten Hand:20,000ポイント還元で、実質0円
  • AQUOS sense 4 Lite、OPPO A73:25,000ポイント還元で、実質1円
  • OPPO Reno3 A:25,000ポイント還元で、実質1,980円

0円や1円は破格ですよね。これは買いと思いますが、理解せず飛びつくと後で詐欺だの罠だの言うことになります(ネットで散見されますよね)。

実質価格 = 支払い総額 – ポイント等還元額

実質価格は上記の通りの式で説明できます。例えば、AQUOS sense 4 Liteなら25,001円が本体代(支払い総額)、ポイント還元額が25,000円相当で、引き算すると1円となり、これが実質価格と言われています。

ポイント還元は、楽天モバイルの期間限定ポイントが条件達成から2〜3ヶ月後に自身の楽天IDへ付与されます。そして、そのポイントを有効期限内にしっかり使えば、差し引きが実質価格となります。

もし、有効にポイントを使えなく失効したりすると、実質価格を意味をなさないことになります。楽天ポイントは非常に使いやすいので、日常の生活でも十分消費可能なので自分次第ですね。

支払額が本当に1円までなのは!?

以前ならRakuten Miniがキャンペーンで製品価格1円で販売がありましたが、現在はWiFiルーターの「Rakuten Pocket WiFi 2B」が同様に製品価格がキャンペーンで1円です。

これは、実質価格ではなく正真正銘の支払額が1円になるキャンペーンで、だれでも5,000ポイントと合わせる事で、実質0円もアピールしています。

Rakuten Pocket WiFi 2Bで新規契約する際に、1円の請求が発生し支払いを行います。そして数ヶ月後に5,000ポイントが付与されます。差し引きを考えると実質価格-4,999円とも言えますね。(支払うより貰う方が多い)

3ヶ月無料キャンペーンはタイミングが大事

続いては、3ヶ月無料キャンペーンについてです。楽天モバイルへ初めて加入すると、最初の3ヶ月の間データ通信が使い放題で無料になるキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンですが、2つ注意点があり誤解していると罠と思いそうです・・・

当然ながら、キャンペーンはキャンペーン対象者のみです。二回線目以降や出戻りの場合、まず対象外です。

無料対象は基本料金とユニバーサル料のみ

1番目は、無料の対象についてですが、まず月1GBまでのデータ通信やRakuten Linkを使った国内対象への電話あるいは事務手数料の多くは、常時無料ですのでキャンペーンと関係ありません。

そしてキャンペーンでは、(データ通信量で変動する)基本料金と(数円程度の)ユニバーサル料・電話リレーサービス料のみが対象です。

基本料金とはデータ通信料を含んだもので、段階制プランであるUN-LIMIT VIでは、1GB以上からは月額1,078円〜3,278円が発生するところが、キャンペーンでデータ通信をどれだけ使っても無料になります。

一方で、Rakuten Linkを使わない電話・国際電話やオプション代、あるいはスマホ端末代などは普段から有料ですが、キャンペーンの対象ではないので、普通に料金が発生します。

期限は、プラン利用開始日から3ヶ月後の月末まで

続いての注意点は、3ヶ月無料キャンペーンの期間は、「3ヶ月間」ではなく「プラン利用開始日から3ヶ月後の月末まで」であることです。また「プラン利用開始日」については当日を含んだ計算です。

それでは具体的な例で紹介ですが、プラン利用開始日の違いによるキャンペーン終了日についてです。

  • 7月1日にプラン利用開始:キャンペーンは9月30日まで
  • 7月2日にプラン利用開始:キャンペーンは10月31日まで
  • 7月31日にプラン利用開始:キャンペーンは10月31日まで

この3つの違いを理解が必要です。まず簡単なところから説明すると、7月2日以降31日までにプラン利用開始すると、プラン利用開始日の3ヶ月後の月末までとなり、10月31日までキャンペーン期間です。

そして、7月2日にプラン利用開始ならほぼ4ヶ月無料です。この事から月初に近い方がお得と言えます。

もう一つが「罠」と思われがちな点ですが、7月1日にプラン利用開始した場合ですが、(7月2日と違い)キャンペーン期間は9月30日までになる点です。

不可解に感じますが、7月1日から(当日含む)3ヶ月後は9月30日で、その月の月末は同日の9月30日です。一方7月2日から(当日含む)3ヶ月後は10月1日になり、その月末は10月31日となります。

お分かりでしょうか?。理解できなくとも問題ありませんが、要は「楽天モバイルは1日にプラン利用開始は避け2日以降にする!」と覚えましょう。それによってキャンペーン期間を最大限長くなります。

プラン利用開始日は、基本的には楽天モバイルの電波が利用できるようになった日となり、開通日とも言えます。逆に、申込日や荷物到着日は関係ありません。月末に申し込みをしても開通が2日以降ならキャンペーンは長めになります。

まとめ

難しいことでもなく、楽天モバイルは隠したりしている訳ではありませんが、誤解しやすい点の紹介でした。楽天モバイルはシンプルさも大事にしているので、他キャリアのとても難解な割引などはありません。

しかし、見落としたり、都合の良いように考えすぎた場合に、罠にはまった気分になるのですが、逆に知っていれば「あぁ、なるほど」っと単純な話なのですね。

更に詳しく、または申し込みは、公式サイトへ

♪楽天モバイルなら、0円運用もできる♪

タイトルとURLをコピーしました