[困った時に] 楽天モバイルが突然繋がらない原因と対処方法を紹介

楽天モバイル

楽天モバイルに限った話ではありませんが、突然通信ができない事があります。理由は様々で、対処の仕方も様々です。

今回は、楽天モバイルで起こり得る繋がらない場合に考えられる原因と、対処方法をみていきます。なお、突然に繋がらないだけでなく、設定やスマホの問題も含め繋がらない原因を紹介です。

楽天モバイルが急に繋がらなくなる10個の原因

スマホで通信ができない理由は大き分けて3つで、原因として考えられるのは10個あります。簡単な理由から非常に複雑な問題もあります。

  • スマホで止めている
    • 設定できていない
    • データ通信がオフ
    • フライトモードがオン
  • 回線の問題
    • 繋がりにくい地域にいる
    • 回線エリア切り替えがうまくいっていない
    • 障害が発生している
  • スマホに問題がある
    • 故障している
    • 楽天モバイル未対応スマホだった
    • 赤ロム機・SIMロック品だった
    • OSやFWが古い

それではそれぞれを詳しくみていきましょう!

スマホで止めている

ひょんなことから自分自身で止めてしまっている事もあります。例えば、知らず知らずにスイッチを押していたりと・・・。

設定できていない

購入したばかりのスマホや、契約したてのSIMの場合、設定が必要です。特に、自分自身で持ち込んだ場合は、最低限の設定が必要です。

例えば、iPhoneであれば、キャリア設定をインストールする必要があります。開通手続き中に出てきたポップアップで「今はしない」を選択しているとインストールされていません。

よその会社のプロファイルが残っていてデータ通信だけでできないなど、設定が不十分だと繋がらないのは当たり前ですから、しっかりと設定はしましょう。

楽天モバイルでiPhoneを使うための基礎知識を参考に

データ通信がオフ

データ通信がオン
データ通信がオフ

データ通信だけをオフにすることが可能です。一番簡単にオフになっていないか確認は、「4G」や「5G」の表示が上にあるかです。上記はiPhoneの例ですが、データ通信がオフになると、4Gマークが消え緑だったアイコンから色が無くなります。

また、設定画面からも確認ができ、次の場合オンになっています。

iPhoneの場合:

「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ」通信がオン(緑)

Androidの場合:

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「モバイルネットワーク」→「モバイルデータ/モバイルネットワーク経由でデータにアクセス」がオン

フライト(機内)モードがオン

間違って押している事もありますし、オンにして忘れている事がよくあるのが、フライト(機内)モードです。フライトモードはWiFiがオンにはできるので、自宅等で通信ができていて、そのまま外出すると忘れてる場合もありますよね。

飛行機のマークがある場合は、そのマークを消しましょう。

回線の問題

続いては、回線の問題で繋がりが悪い場合です。圏外の場合は諦めもつきますが、電波1本立ってるとなんで?と思われがちですが、繋がらない時もあります。

繋がりにくい地域にいる

※利用環境(建物の中・地下・トンネル等電波の届かないところ)により利用可能なサービスエリアが制限される場合があります。

※楽天回線エリアとパートナー回線エリアとの境界付近や、地下と屋外・大きな商業ビルと屋外を移動するときに通信・通話が切断されたり、一時的にご利用になれない場合があります。

Rakuten Mobile

楽天モバイルから上の通り、注意事項も出ています。場所によってはエリア内でも繋がらない事があります。特にビルの谷間などに居る場合は、まず少し移動してみましょう。

回線エリア切り替えがうまくいっていない

上記の通り「楽天回線エリアとパートナー回線エリアとの境界付近」で電波が入りにくい場合もありますし、自動切り替えがうまく行えていない場合に、非常にスピードが遅くなる場合があります。

自動切り替え対応機種でもそうで無くても、遅いと感じた場合は、通信回線へ再接続しましょう。

通信回線への再接続方法(いずれか)

  • フライトモードをオン・オフ
  • モバイルデータ通信をオフ・オン
  • スマートフォンを再起動

障害が発生している

全く自分自身とは関係ないところで起こる問題もあります。通信障害が発生した場合、ユーザーとしては、スマホとは別のインターネットがつながる環境で公式サイトの情報を確認し、待つしかありません。

楽天モバイルも障害が発生した際は、発生時と復旧時にお知らせを出すので確認してみましょう。

確認先(ウェブサイト):楽天モバイル 障害情報のお知らせ

通信障害の理由は様々あり楽天モバイルも「システム障害」程度までしか報告はしません。例えば先日の20201年9月11日に約4時間半の間発生した障害でも同様です。

この障害ではデータ通信ができず、Rakuten Linkが使えない事もあり、この間にOS標準アプリでの発信(有料)が支払い不要となりました。

DNSサーバーを手動設定で回避?(噂)

上記の障害発生時に、(自動設定になっている)DNSのサーバーを、手動で任意の物(例えば、Googleが提供する「8.8.8.8」など)にすると回避できたとネットで情報が出ました。

Android:
「設定」→「接続」→「その他の接続設定」→「プライベートDNS」→サーバー情報を入力

iPhone:
「設定」→「Wi-Fi」の「SSID(任意)」の右側にある「i」アイコンを選択し、「DNSを構成」→「手動にチェック」→「サーバー追加」→サーバー情報を入力

スマホに問題がある

スマホ自体に問題がある場合もよくあります。

故障している

本体が明らかにヒビがあったりすると故障を疑う人は多いですが、内部的な故障については信じれない人も多いと思います。しかしスマートフォンは精密部品であり、衝撃・急激な温度変化・水没などで、簡単に故障します。

防水機能のついたスマホも増えましたが、完全防水の物ありません。またよく勘違いが多いですが防です。防海水でも防ワインでも防油でもありませんよ。

急激な温度変化にも注意です。例えば、上記はiPhoneの動作時環境についてです。お風呂は40度で室内湿度は100%とかですよね、結露は注意です。

楽天モバイル未対応スマホだった

楽天モバイルは、使っている電波周波数帯が、後発企業のため狭くて少ないです。そのため、スマートフォンによっては対応していない事が、他キャリアより頻発します。

また、周波数帯だけでなく、独自技術を利用している事もあり、楽天モバイルの最大の売りの1つである、Rakuten Linkがうまく動作せず使えない場合もあります。

楽天モバイルで利用する際は、事前に必ず「楽天モバイル ご利用製品の対応状況確認」にてスマホの対応可否を確認しましょう!

なお、楽天モバイルへのスマホの対応はメーカーで大きな違いがあるようです。例えば、GoogleやASUSのスマホは対応している事が多いですが、Xiaomiなどは少ないようです。

赤ロム機・SIMロック品だった

楽天モバイルで販売されている製品はSIMフリー機ですが、格安SIMやその他キャリアではSIMロックがかかった製品を販売しています。自身で購入した場合は、購入元に確認し解除が必要です。

iPhoneの場合、現在自分で「設定」→「一般」→「情報」で上記のキャプチャー通り確認ができます。「SIMロックなし・SIMロックあり」で表示されます。

Androidの場合は、iPhoneの様な画面がないので、別会社のSIMカードを挿して使えるか確認か、購入元へ問い合わせが必要です。

SIMロック解除ページへのリンク:

次に、赤ロムと言われる物を、中古市場で手に入れてしまった場合です。残念ながら安さに釣られて騙されたことになります。下記で赤ロムに該当するかを確認は可能ですが、解除や救済はありません。

上記のドコモのページで詳しく説明していますが、赤ロムは犯罪に関連したり、不法に取得されたスマホである事が多く、通常は購入すべき物ではありません。

OSやFWが古い

楽天モバイルでは、iOSは14.4以降のバージョンにアップデートされた全てのiPhoneで利用が可能です。逆に言うと、iOS14.4へアップデートできないiPhone 6や6Plusは楽天モバイルでは使えません。

Androidについては、バージョンでの利用保証はありません。製品ごとに利用可否の確認が必要ですので、公式サイト「楽天モバイル ご利用製品の対応状況確認」にて確認をしましょう。

また、基本的には、最新のOSやFWをインストールするようにしましょう。特に楽天モバイル製品であれば、アップデートをして使えなくなることはまずありません。

ファーストエイド:繋がらない時の応急対処方法

上記が考えられる問題と一部対処方法でした。しかし、もっと漠然とした状態で動かない場合などは、次を試してみるのも良いです。

  1. 再起動を行う
  2. 楽天モバイルサイトで確認
  3. インターネットで情報収集
  4. ファクトリーリセットを行う

再起動を行う

もっとも代表的な、第1の対処法が「再起動を行う」です。

iPhoneの場合は、かなり古くから言われていることですが、「とにかく不調なら、まず再起動」です。

楽天モバイルサイトで確認

次に、楽天モバイルの公式サイトへ確認です。通信関連の障害なら、当然楽天モバイルへ確認が必要ですし、サポートも受けることができます。チャットなども利用しましょう。

また、ソフトウェアアップデートで問題が起こる場合などにも、注意喚起がホームページで出る場合があります。

インターネットで情報収集

当然ながら、同じように利用している人もたくさんいるので、情報を共有してくれるサイト・ブログ、あるいはメーカーのホームページ等で確認をしてみましょう。

twitter等で速報的に情報が出回ることもありますが、問題を「避ける」ために利用をしましょう。

ただ、間違った情報を鵜呑みにしないように注意が必要です。(写真データが全部消えるなど)取り返しのつかない場合もあります。

知人などにも相談も大事ですね。

ファクトリーリセットを行う

スマホをリセットすることです。リセットして直る事は稀かもしれませんが、データバックアップをした後、スマートフォン内を綺麗にする意味でもリセットも選択肢です。

遅いと感じる場合などに、若干良くなる場合もあります。とにかくバックアップをしてからですが、バックアップがあれば手軽にクリーン・リセットできますよ!

まとめ

楽天モバイルは電波の入りで繋がらないこともありますが、それについては個人的に直しようがありません。しかし、調子が悪い時は、まず自分で対象が必要です。

慌てずに、何かボタンを押してないかな?設定消してないかな?、とりあえず再起動してみよう。と冷静に対応しましょう。

それでもダメなら、他の通信手段が必要ですがインターネットを通して楽天モバイルの公式サイトや、他の人の情報を参考にしましょう。

♪楽天モバイルなら、0円運用もできる♪

タイトルとURLをコピーしました