楽天モバイルをサブ・副回線として併用のデュアルSIM組み合わせなら、キャリアでも乗り換えずに節約可能!

楽天モバイル

デュアル回線は、今後の主流になりそうです。

デュアルって、2つの回線を併用の事でしょ

高くないの?

SIMの選び方次第です!

デュアルSIM回線は、電話回線を2つ同時に契約し併用します。「なら費用も2倍になって、高額?」と思われる事も多いですが、組み合わせと使い方次第で1回線より断然お得にすることが出来ます。

例えば、auで5GB毎月使うと6,765円です。高いですね・・・・。この様な場合でも、今の契約を解約せず、楽天モバイルを併用しデュアルSIMや2回線を使うことで、キャリアの利用を減らして安くすることが可能です。

今回は、そんなキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を利用していて、少しでも安く出来ないか思案している人向けに、楽天モバイルとデュアル回線を解説します!

デュアルSIMはキャリア利用の節約のため

キャリアを使っている人で、デュアルSIMを考えるのは、いろいろな理由を含めメインでキャリアを使い続けたい(解約できない)が、安くするために役立ちます。

キャリアを使い続ける理由が、スマホ決済用・キャリアメール利用・家族割の頭数と、解約できない理由は様々あると思いますが、無理して止め(解約し)、乗り換えする理由はありません。

キャリアとの契約を続けたまま節約を考えましょう!

では、そんな人が副回線(デュアルSIMの2つ目の回線)を持つと良い一番の理由は、安くデータ通信を使える事です。

ドコモ・au・ソフトバンクは、通信速度も速く安定しています、しかし高い・・・。例えば、それぞれの通信費を比較すると、楽天モバイルの数倍です!

楽天モバイルドコモauソフトバンク
〜1GB0円3,465円3,465円3,278円
〜2GB4,378円
〜3GB1,078円4,565円5,478円
〜4GB5,115円
〜5GB5,665円
〜7GB6,765円6,765円
〜20GB:2,178円ahamo
2,970円
povo
2,700円
LINEMO
2,728円
税込(割引前)

大手3社は高いです・・・

だからこそ、”乗り換え”と行きたい所ですが、まずはキャリアでのデータ利用量を減らすために、デュアルSIMを考えるのがスムーズです。

例えば、ドコモで7GB/6,765円をやめて1GBまで減らせば3,465円とかなり節約できます。そして節約する料金の一部で楽天モバイルと契約です!!

デュアルSIMってなに?

デュアルSIMとは、デュアルSIMに対応した1台のスマホを使って、(ドコモと楽天モバイル等)2回線を同時運用をする事です。

スマホを2台持ってそれぞれに回線契約し運用する方法もありますが、それぞれに一長一短があります。例えば、2台持ちは、持ち歩くのは荷物になる点や、設定を2回する・充電を2台共にと、面倒さも2倍になります。

一方、デュアルSIMスマホ1台での運用も、アプリ毎で通信回線を選んだりは出来ない、スマホ機種が(例えば、iPhoneやGoogle Pixelと)限定される短所はあります。

それでも、2台持ちより手軽である、データ通信を一方で、通話は別でと組み合わせが可能です。

デュアルSIMおすすめスマホは?iPhone・OPPO・AQUOS?!

デュアルSIMにするか、2台のスマホを使うかは、正直大きな問題ではありません。

例えば、今現在iPhone(XR/XS以降)などのデュアルSIM対応スマホを使っているなら、デュアルSIM運用がおすすめです。

一方、今はSIMカード1枚のみに対応のモデルを使っている場合や、古いスマホが余っているなら、2台持ちから始めるのも良いですね。

要は、デュアルSIMは通信コスト削減のためがメインになるはずなので、余分な出費は控える事が大事です。

もし古いスマホも持っていない、デュアルSIM対応を使っていない場合のおすすめは:

  • OPPO A73、Reno5 A
  • AQUOS sense6、sense4、sense4 lite
  • Xperia 10 III lite
  • Google Pixel 4/4a、5/5a、6
  • iPhone XS、11、12/12 Pro、13/13 Pro

上記のモデルは、現在販売されていて、SIMカードが2枚挿せる、またはeSIMとnanoSIMに対応の、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)モデルで、さらに楽天モバイルでの利用に対応したモデルです。

値段で選ぶなら1位:OPPO A73、2位:AQUOS sense 4、3位:Google Pixel 4aがおすすめ!。上記のGoogle Pixelはメーカーサイトへ、その他のモデルは楽天モバイルで取り扱い中です。

♪楽天モバイルなら、0円運用もできる♪

デュアルSIM対応の事を、DSDSあるいはDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)とも言います。LTE(4G)時代は、VoLTEが両方対応か一方だけかの違いを区別して呼ばれていましたが、最近は全てDSDSと呼ぶ事が多いと思われます。
呼称の移り変わり:2G/3G時代→DSDS、LTE(4G)時代→DSDS・DSDV、5G時代→DSDS

また、iPadはDSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)です。これはSIMが2つ入れれる(iPadの場合eSIMとnanoSIMだ)が、1回線の通信のみ受信するモデルです。

※OPPO Reno3 AやReno5 Aは、ワイモバイル版はシングルSIM製品です。

デュアルSIMに、おすすめ通信会社は、楽天モバイル

デュアルSIM対応スマホの話でもでてきた、eSIMについて忘れてはいけません。まずeSIMを簡単に説明すると:

eSIM(イーシム)は、スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMです。これからは、設定が書き込まれたSIMカードが届くのを待ったり、扱いにくい小さなカードを差し替えたりする必要はありません。

Rakuten Mobile

そして、iPhoneやGoogle Pixel シリーズは、nanoSIMとeSIMがそれぞれ1枚対応なので、eSIM対応の通信会社を一方で選ばないと、デュアルSIM運用はできません。

eSIM対応の通信会社は2021年から一気に増えており、キャリア全社も全て対応を済ましているので、eSIMはどんどん身近な物になり選びやすいので、eSIMかnanoSIMかの選択は重要ではありませんが、発行の手軽さは実体験から楽天モバイルがオススメです。

もし、今あるスマホ端末ですぐにデュアルSIMを始めたいなら、楽天モバイルでeSIMを選ぶと即日利用開始も可能です。

楽天モバイルがデュアルSIMの副回線に良い訳

それでは、キャリアと比べて安いのは分かりましたが、その他にもたくさんの選択肢(特に格安SIM)と比べても、楽天モバイルがオススメになる理由を挙げていきます。

  1. 0円からスタート
  2. 段階制プラン
  3. 無制限通信も可能
  4. eSIMと物理SIMに対応
  5. 通信速度が速い
  6. デュアルSIMスマホも充実
  7. 手数料がほぼ無料、再契約もあり

月額0円からスタート

使わなければタダになるプランは、副回線として非常に魅力です。メイン回線を使いつつ、一定のデータ量からは副回線を使っていきたいと思う人には最高です。

また、格安SIMでは、通話付きとSIM以外にも、データ専用やSMS付きと基本料金を下げる目的で選べますが、楽天モバイルなら電話かけ放題ながらも、データ通信を使わなければ0円です!

なお、180日間全く使わなければ解約や停止の恐れがあります。詳しくは、楽天モバイルを無料で使うためにで深掘りしています。

段階制プランがお得

0円スタートも嬉しいですが、使った量によって値段が変わるのも更に嬉しいです。

例えば、2月は1GB、3月は20GB、4月は5GB・・・などと大きく利用量が変動しても、プランを加入し直したり、追加データの購入の必要はありません。

使った分だけ支払うので、余分な費用がかかりません

格安SIMで翌月くりこせるをよく見ますが、実はあれ翌月まで期限を延長しているだけで、結局、毎月余ると使わないで無駄になる事が多いのですよね・・・。段階制がいいです。

無制限通信も可能

楽天モバイルの売りの一つは、こちらのデータ通信無制限使い放題で、月々3,278円の安さです。

データ通信が無制限で出来るところは実は限られるなか、税別3千円以下での無制限通信の提供は格安です!!

楽天モバイルエリア外では、5GB以上でスピード制限がかかりますが、それでも1Mbps出るので、格安SIMの通常より速い可能性もあるくらいです。

eSIMにも物理SIMにも対応、交換も無料

楽天モバイルは、eSIMも物理SIMも選ぶ事ができ、交換・発行手数料は一切無料です

iPhoneやGoogle Pixelの副回線としてeSIMを利用する場合、あるいは物理SIMで古いスマホにnanoSIM等を入れる場合でも無料で交換し使えます。

サブ回線(副回線)は、メイン回線と違うので、アプリとの電話番号紐付けもしません。空いているスマホやタブレットへ、自由に入れ替えを考えた場合でも、SIM発行関連の手数料が無料は素晴らしいです!

通信速度が安定し速い

楽天モバイルは第4のキャリアとして、自社でアンテナを建てています。2021年末までに人口カバー率96%になる予定です。自社内でのスピードは当然ながら格安SIM(MVNO)とは一線を画します。

当然ながら、ライバルは格安SIMではありませんし、通信の安定性・速度共に、キャリアとしての意地を将来的にも見せてくれるはずです。

また、上記のマップの通り、少しづつですが5Gについても広がっています。来年・再来年には5Gが主流になりますが、乗り遅れる心配はありません。(そのはず!)

デュアルSIMスマホも充実

eSIM対応のスマホで一番種類の多いのがiPhoneで、次がGoogle Pixelですが、楽天モバイルは、Google Pixel 4以降にも完璧に対応し、iPhoneについても2021年4月27日以降、対応製品と公式に発表がありました。

これらの機種を今使っているなら、メインをキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のnanoSIMを使って、副回線に楽天モバイルのeSIM利用も可能です。

また、楽天モバイルが販売する製品にもeSIM対応モデルがあります。AQUOS sense4 SIMフリー版はnanoSIMのデュアルSIMですが、楽天モバイル限定のAQUOS sense4 liteは、eSIMとnanoSIMのデュアルSIMです。

端末名一括価格新規購入
ポイント還元
SIM4G/5G
iPhone 13 Pro Max134,800円〜5,000PeSIM x 2/nanoSIM5G
iPhone 13 Pro122,800円〜5,000PeSIM x 2/nanoSIM5G
iPhone 1398,800円〜5,000PeSIM x 2/nanoSIM5G
iPhone 13 mini86,780円〜5,000PeSIM x 2/nanoSIM5G
iPhone 12 Pro Max122,800円〜5,000PeSIM/nanoSIM5G
iPhone 12 Pro112,800円〜5,000PeSIM/nanoSIM5G
iPhone 1279,800円〜5,000PeSIM/nanoSIM5G
iPhone 12 mini69,800円〜5,000PeSIM/nanoSIM5G
iPhone SE44,800円〜5,000PeSIM/nanoSIM4G
Xperia 10 III Lite46,800円5,000PeSIM/nanoSIM5G
OPPO Reno5 A42,980円25,000PeSIM/nanoSIM x 25G
OPPO A7315,001円15,000PeSIM/nanoSIM4G
OPPO Reno3 A26,980円25,000PnanoSIM x 24G
AQUOS zero669,800円5,000PeSIM/nanoSIM5G
AQUOS sense4 lite25,001円25,000PeSIM/nanoSIM4G
AQUOS sense4 plus43,800円5,000PnanoSIM x 24G

更に最近はデュアルSIM機が増えており、例えばOPPOは、OPPO Reno A 3ではnanoSIMのデュアル、OPPO A73は、eSIMとnanoSIMのデュアルで、お値段もかなり格安です。

これら製品は、お手頃感もあり、楽天モバイル加入時には検討した1台です。

手数料がほぼ無料で、再契約もあり

楽天モバイルは、手数料を常時無料としています。新規契約から解約までに必要な費用はありません!!

例えば、まずお試しで新規契約しデュアルSIM利用するとします。その後、楽天モバイルも悪く無いと感じ、完全にキャリアからMNP乗り換えて1回線だけにしようと思ったとしても、手数料無料で可能です。

  1. 新規契約手数料:無料
  2. 解約手数料:無料
  3. MNP転入・新規契約:無料

新規契約に手数料をとる会社がまだまだありますが、無料にしている楽天モバイルは素晴らしいですね。

まとめ:デュアル回線の副回線には楽天モバイル

如何でしょうか?楽天モバイル自体がメインでもおすすめできる通信回線でもあるのですが、キャリアとの契約で乗り換えが難しい人には、デュアルSIMは1つの選択肢です。

ドコモ・au・ソフトバンクを使いつつも、より安くデータ通信を使いたい人にはおすすめのアイデアでは無いでしょうか?

その上満足できるなら、将来は楽天モバイルへMNPで完全に乗り換えることも可能で、契約・解約ともに費用がかからないので、まずは楽天モバイルへ実験的にお試し利用するのは良いですね。

♪楽天モバイルなら、0円運用もできる♪

タイトルとURLをコピーしました