楽天モバイルはデュアルSIMに最適。格安SIMとの組み合わせで最強最安!?

楽天モバイル

楽天モバイルは、とてもおすすめの通信キャリアです。

当然、おすすめするだけあり、楽天モバイルにはメリットも沢山あります。と、同時に楽天モバイルにはデメリットもあります。

そのデメリットの1つが、段階制プランに”中間”が無い・・・

楽天モバイルのUN-LIMIT VIは、段階制プランで、1GBまで無料、そして最大は無制限利用となっています。この2つの他に、3GBまで、20GBまでと、全4段階のプランです。

楽天モバイルの中間を埋めるためのデュアルSIM

段階制プランについて、私が自作した図が下記の通りです。

お分かりでしょうか?楽天モバイルの物と比べると、真ん中の部分が非常に長い。

それもそのはず、4段階のプランは:

  • 1GBまで無料
  • 3GBまで1,078円
  • 20GBまで2,178円
  • 20GB以上は3,278円(定額無制限)

そして、それぞれの段階の1つ前との差を見ると、2GB・17GB・無制限です。

はい、3GBの次が20GBになります。正直これは、楽天モバイルの欠点です。

例えば、下記の通り0.01GBオーバーしたら、次の段階制プランの料金であるそれぞれ1,078円・2,178円となりますね。

あるいは、楽天モバイルのパートナー回線利用は最大5GB/月ですが、段階制プランから、5GBが2,178円となり安いとは言い難いです・・・。

そこで考えられるのは、他の安いデータ通信を提供する会社と、(通話とSMSが最安で利用できる)楽天モバイルを併用すれば、最安の料金で、スマホ利用が可能です。

楽天モバイルで電話、格安SIMでデータ通信が良い

前置きが長くなりましたが、楽天モバイルで3GB以上使いだすと、4GBでも2,178円となり少しお高いイメージに変わりますよね。

楽天モバイルは安い!のイメージは強いですし、そうあって欲しい・・・。

そこで大事なのが、楽天モバイルは1GBまで無料、電話かけ放題である事です。これは、他社に類をみない安さと特徴です。

格安SIMのデータ専用と通話付きSIMの価格差は最低でも数百円。

楽天モバイルは電話かけ放題で無料!タダ!!

楽天モバイルの電話は、「かけ放題無料」と、史上最安の圧倒的なコスパと言えますし、これを利用しない手はありませんね。

IIJmio併用で楽天モバイルの段階制プランのギャップを埋める方法

格安SIMを利用すると安くなるのですが、その中でいちばんのオススメはIIJmioのギガプランと楽天モバイルを併用するのがオススメです。

  1. eSIMプランがある
  2. 細かくデータプランがある
  3. 圧倒的に安い

eSIMプランがある

楽天モバイルと併用をする場合、2台のスマホを持つより1台のデュアルSIM対応スマホを使うのがオススメです。

例えば、iPhone SE(第2世代)や12などには、eSIMとnanoSIMのデュアル回線対応です。しかし、nanoSIM2枚は使えません。

その事から、eSIM・nanoSIMも選べる会社はオススメとなります。

細かくデータプランがある

SIMの種類2GB4GB8GB15GB20GB追加データ
データ専用SIM748円968円1,408円1,738円1,958円220円/GB
eSIM440円660円1,100円1,430円1,650円220円/GB

楽天モバイルは3GBの次が20GBでしたが、IIJmioギガプランであれば、細かく分類されているので、プランを選びやすく、使わず支払うこともありません。

また、追加データが安いこともり、基本プラン+追加データの使い方も可能です。例えば20GB以上でも追加データを購入すると、(27GBまでなら)楽天モバイルより安く使えます。

圧倒的に安い

IIJmioはギガプランが圧倒的に安いです。eSIMプランはデータ専用では業界最安級です。通常SIMは他社の方が安い場合もありますが、追加データの金額が220円/GBと、圧倒的に安くなっています。

もちろん、格安SIMですから、他社同様、残ったデータを翌月へ繰り越しや家族などとデータをシェアしたりと可能です。そのため、デュアルSIMだけでなく2台目などにも可能ですよね。

このプランと楽天モバイルを組み合わせると、電話・SMSは使い放題無料と安いデータ通信を組み合わせが出来ます。

さらに詳しくは、楽天モバイルと最強のデュアルSIM組み合わせを参考に

※ iPhoneにて、IIJmioのeSIMをデュアルSIMで利用していると、緊急電話に繋がらない事象が発生しています。そのため、当サイトしては、上記はAndroidスマホへのオススメとなります。

mineoとの併用で楽天モバイルの弱点をカバーし無制限使い放題を安く

次のオススメが、mineo(マイネオ)のパケット放題Plusと楽天モバイルの併用をする方法です。

楽天モバイルは、人口カバー率が2021年内には96%を目標にしていますが、他キャリアと比べるとエリアが限られ、それをカバーするためにパートナーエリアがあります。

パートナーエリアでは、電波の入りは問題ないのですが、5GBまでで2,178円となり、5GB越えると1Mbpsへ速度制限があります。

そのため正直高い金額になっています。しかし、マイネオのパケット放題プラスと組み合わせると、同程度の条件でも半額近い値段ができます。

  • 人口カバー率99.9%へ
  • 最大は1.5Mbps
  • 半値近くと安い

人口カバー率99.9%へ

楽天モバイルはのパートナー回線はauが提供しているので、すでに実は人口カバー率は99.9%です。しかしmineoなら、さらに繋がりやすいと言われているドコモ回線の選択も可能です。

あるいは、ソフトバンクも選べます。地方では繋がりやすさは場所によってキャリアの強さが変わります。そのためトリプルキャリア対応のマイネオを使えば、選択肢は最大です。

最大1.5Mbpsへ

mineo(マイネオ)のパケット放題Plusはオプションです。通常基本料金で高速通信を使え、超過後のスピードを1.5Mbpsにするサービスです。言い換えれば、(超過後は制限がないので)1.5Mbpsで無制限使い放題とも言えます。

楽天モバイルのパートナーエリアの超過後スピードは1Mbpsですが、こちらは1.5Mbps更に速いです。

半値近くと安い

mineo(マイネオ)のパケット放題Plusは、月額385円です。そして、このオプションはマイネオのすべてのプランへ適用が可能で、最安値プランのデータ通信専用SIM1GBを880円/月にも付けられます。

そのため、1,265円/月で1.5Mbpsで使い放題が可能になります。楽天モバイルだけだと5GBまでなら良いですがそれ以降は1Mbpsですし、料金も2,178円/月と高額です。

電話・SMS無制限使い放題0円の楽天モバイルと、マイネオのパケット放題Plusの併用で、総額1,265円/月で電話・SMS・データ使い放題完成です。

更に詳しくは、マイネオ(mineo)のパケット放題Plusと楽天モバイル併用のデュアルSIMを参考にどうぞ。

まとめ:楽天モバイルと格安SIMのデュアルSIMが最強

いかがでしょうか?楽天モバイル単体でも十分おすすめですが、格安SIMとの組み合わせも魅力的ですよね。節約したい人には特におすすめで、自分自身の使い方にあった組み合わせは是非検討すべきです。

IIJmioもmineoも、格安SIMの大手として大きなシェアもありおすすめですね。

そして、なんと言っても楽天モバイルです。無料運用も可能なので、デュアルSIMが1回線契約より安くできるのです。

まずは楽天モバイルへ

♪楽天モバイルなら、0円運用もできる♪

タイトルとURLをコピーしました