Rakuten Mobile(楽天モバイル)のデメリットは?乗り換え前に確認したい10の注意点

楽天モバイル

楽天モバイルは無料で始められ無料で使える、電話も無料でかけ放題・SMSも使い放題、海外でデータ通信2GBも申込なしで使えてと、多くの楽天モバイルのメリットはあるのですが、実は完璧ではございません・・・。

裏は無くともデメリット(短所)にあたる部分はあります。

乗り換えてから「こんなはずじゃなかった!?」とならないためにも、ちゃんと楽天モバイルのデメリットとその対処法を確認しておきましょう!

先に書くと、皆さんが心配しそうな楽天市場からの多量の広告やDMなどはありません。楽天モバイルは通信会社として安いです。

Rakuten Mobile(楽天モバイル)のデメリット&注意点まとめ!

楽天モバイルにもデメリットや注意点として以下のようなものがあります。これらのデメリットの詳細&対処法に説明をしていきます。

  1. 使えるスマホが限られる
  2. 全ての通信が料金の対象
  3. 楽天エリアがまだまだ狭い パートナー回線はちょいちょい使う
  4. 段階制プランで料金に5GBや10GBはない
  5. Rakuten Linkには慣れが必要・・
  6. 繰越しやデータシェアはない
  7. 無料の電話番号と過信はしない
  8. 家族割などはない。複数回線は割高
  9. iPhoneとAndroidで料金体系が違う
  10. 段階制プランは止まらない

1つづつ詳しく見ていきましょう!

1. 使えるスマホが限られる

例えば、以前はiPhoneについて楽天モバイルのサービス対応は酷く、ETWS・緊急速報メール(地震速報等)が未対応、APNの設定は格安SIM同様手動設定・・・などなど、かなりダメでした。

現在は、楽天モバイルのサービス全てがiPhoneに対応しました。しかし、同様に一部の(SIMフリーや他キャリアモデルの)持ち込みAndorid端末では、すべてのサービスが使えない事があります。

例えば、ドコモモデルのXperia 1 II(SONYの超ハイスペック機)・・・

ほぼ、全滅でサービスが使えません。持ち込みをして、安くしたいと思ってもできない事があります。

スマホが限られる理由

楽天モバイルは、対応スマホがすごく少ないイメージがありますが、よく言われる理由としては3つあります。

  • 割り当てられている周波数帯(バンド)が少ない
  • 大手キャリアがバンドロックをしている
  • 楽天モバイルは特殊な最新技術を使っている

楽天モバイルは後発のため、利用している周波数帯(ケータイ電波)が他キャリアに比べ非常に少なく、スマホメーカーが(楽天モバイルが利用する)周波数帯に対応していない製品を製造している。

次に、SIMロックは原則禁止となりますが、バンドロック(一部周波数を使えなくする)は、規制がないのでドコモやソフトバンクがこれをすると、SIMロック解除しても楽天モバイルでは使えないままになります。

また3つ目として楽天モバイルが特殊な技術を利用しているからとも言われています。例えば上記の電波が問題なく受けれれる端末でも、(以前のiPhoneの様に)機能制限があります。

ただ、楽天モバイルで売っているスマホは、キャンペーンで最大25,000ポイントもの還元もあり、かなりお得で悪くありません!むしろ、端末を買うために楽天モバイルへ加入もありです。

例えば、楽天モバイルオリジナルのRakuten HandやRakuten WiFi Pocket 2Bは、キャンペーンと組み合わせで実質0円や、AQUOS sense4 liteやOPPO A73は実質1円で販売中です!

更に新しい買い方iPhoneアップグレードプログラムを使うともっと手軽に購入も可能です。

機種変更のタイミングが乗り換えのタイミングです

2. 通信は全て料金の対象

楽天モバイルの段階制プランは、全通信を対象に料金が決まります。

全通信とは:

  • 全ての高速通信(楽天モバイル・パートナエリア含む)
  • パートナー(国内)回線5GB使用後の、速度制限1Mbp中の利用
  • パートナー(海外)回線2GB使用後の、速度制限128kbp中の利用
  • 「データ高速モード」をOFFにし、低速モードでの利用

パートナーエリアの低速速度制限中もカウント、データ高速モードをオフにしてもカウントです!

要は、低速通信で節約ってのは、

楽天モバイルには無い!

楽天モバイルのデータ高速モードオフでは節約は出来ません

上に書いた通り、データ高速モードをオフにし最大1Mbpsでパートナーエリアで利用してても、UN-LIMIT VIの段階制プランの基準になるデータ通信には、カウントされます

何のために「データ高速モード」が存在すかと言うと、パートナー回線では、高速通信が5GBまでなので、高速通信が必要な時・不要な時で使い分ける為だけです。

例えば、動画やゲームなら高速通信の方が良いですが、メッセージのやりとり・低音質ストリーミング再生や、ナビは低速でも十分使えます。

なお、お気づきだと思いますが、楽天モバイルエリアは速度制限がありません。使ったら使った分だけ支払うので、実質このデメリットは楽天モバイルエリア外の人でデータ通信をよく使う人だけです。

将来的には、パートナーエリア(国内)は減り、楽天モバイルエリアが広がる*と、多くの地域で高速モードや速度制限は無くなります。*2021年内には人口カバー率96%予定

3. 楽天エリアがまだまだ狭い

実際問題、楽天モバイルのサービスエリアは、まだまだ狭いです。「2021年夏には人口カバー率を96%とする」と宣言していました。

しかし予想通りというか、「2021年内には人口カバー率を96%」と変更されています。更に、これらは4Gの話であり、5Gはまだまだです・・・

パートナー回線はちょいちょい使う

上記のスクショは、グラフが楽天モバイル全体で使ったデータ量で、下半分がパートナー回線でのみ使った日々のデータ量になります。

これは私の利用履歴ですが、私は楽天モバイル発表のマップで見るとエリア内で生活していますが、毎日少しながらパートナー回線のデータ量を消費しているのが分かります。

これは、楽天モバイルのエリア内でも、電波が届かない所もあるからです。その様なところに入ると、パートナー回線に繋がることになり、月データ5GBを消費します。

あまりデータ通信を使わない人には、
正直影響はほとんどない

なお、データ通信をあまりせず、段階制の1GB(無料)や3GB(1,078円)までに抑える様に使うなら、パートナー回線利用か楽天モバイルエリアで利用かは特に関係なく、料金は同じです。

4. 段階制プラン、3GBの次が20GB

楽天モバイルの段階制プラン料金を、グラフの横軸を等間隔にして書くと、上の感じです。もしパートナー回線しか繋がらないエリアの人なら、高速通信は最大5GB利用で、(20GB使えずとも)2,178円の支払いになります・・・。

楽天モバイルの料金は基本的にお安いですが、月5GBや10GBのデータ利用で2,178円/月は、必ずしも格安とは言えないです。

月々10GB程度までの利用なら、格安SIMとのデュアルSIMで使うことも考えた方が良いですね。

5. Rakuten Linkには慣れが必要・・

Rakuten Linkには慣れる必要がありますが、まず毎月電話やかけ放題無料やSMS使い放題無料にするためには、(慣れている)標準アプリの電話やメッセージを使わず、Rakuten Linkを必ず使う必要があります。

標準アプリ(Rakuten Link外)利用で:
電話は30秒 22円
SMSは国内70文字 3円

しかし、Rakuten Linkアプリは、通話やSMS専用アプリではないです。支払いやニュースあるいはポイント関連のリンクなど、楽天モバイルユーザー向け楽天経済圏総合アプリっぽくなっています。

個人的にもシンプルでなく嫌いですが、電話無料かけ放題のためには、慣れるしかありません・・・

6. 繰越しやデータシェア等はない

格安SIMでよくある、使わなかったデータを翌月に繰越し、あるいは余ったデータを、他人とシェアしたりプレゼントと言った機能は、楽天モバイルにはありません。

楽天モバイルだから無いと言うより、”データが余る”と言う概念は段階制・従量制プランにおいて存在しません

段階制・従量制プランは、使った分だけ支払う、だからデータは余らないが基本です。

と言っても、段階制の「段階」は企業によって違い、楽天モバイルの3GBから20GBの間は少し開き過ぎな・・・。

7. 無料の電話番号と過信はしない(番号キープ目的には注意)

Rakuten UN-LIMIT VIの1回線目において180日間ご利用がなかった場合に、事前に通知した上で当社が利用停止できる

Rakuten Mobile

楽天モバイルは、1回線目はデータ利用量が1GBまでなら無料で使えます(2回線目は0~3GB:1,078円)

しかし、上記の通り、使わないで放置していると解約や停止があります。

海外旅行用に契約している、国内旅行でデータ通信が増えたときだけ使うようにと考えて契約しておくのも良いですが、時々データ通信や電話を使いましょう。

楽天モバイルを無料で使い続けるための方法については、特集記事で詳しく記載しています。

当たり前ですが、SIMは使うから契約するのです

8. 家族割・学割はない。複数回線は一部割高に

楽天モバイルには、家族割や複数回線による割引はありません。あるいはシェアSIMなど1契約に対して複数のSIMカード発行はできません。

データ利用量1回線目2~5回線目
0GB~1GBまで無料(0円)1,078円
1GB~3GBまで1,078円1,078円
3GB~20GBまで2,178円2,178円
20GB~
(無制限)
3,278円3,278円

むしろ、上記の料金表の遠り、同一IDで2回線目以上契約すると基本料金は割高になり、(1GB以下は1回線目は無料でしたが)、2回線目は0GB〜3GBは価格1,078円になっています。

そのため、1GB以上のデータ通信をしない人には、同じIDで副回線や2回線以上の契約はもったいないです。

ただ、家族で入る場合なら、それぞれが楽天IDを作成し加入すれば良いだけです。個別で入れば、各自が1回線目になりキャンペーンの対象でもあります。

楽天モバイルは18歳未満もオンラインでの申し込みが可能で、更に保護者や他人名義の銀行口座やクレジットカードも受け付けているので、IDは別々で支払いはまとめても可能です。

詳しくは家族で楽天モバイルへ乗り換え方と注意点を参考に。

9. iPhoneとAndroidで料金体系が違う

iPhoneとAndroidとの違いは、2021年7月6日からスタートしたiOS版のRakuten Linkの仕様変更による物です。今までは両者共に、電話とSMSの発着信は全てRakuten Linkを通して利用でした。

しかし、今回の変更でiPhone用だけは、電話の着信はiOS標準電話アプリで利用、更にSMSは送受信ともにApple標準のメッセージアプリを利用となった事で、iOSのみ海外での着信が有料・SMS発信有料と改悪されました。

詳細は、楽天モバイルでiPhoneを使うために知っておく事で特集しています。

なお、多くのiPhoneユーザーに影響は微小で、どうしても嫌ならアンドロイドスマホに変えれば良いだけです。

10. 段階制プランは止まらない

段階制プランを採用している楽天モバイルのプランUN-LIMIT VIですが、自分の思う通りにきっちりとデータ量を使い切って丁度お金を払うことは難しいです。

特にiPhoneを利用している場合、データ利用量でのアラートや通信停止の機能はありません。アンドロイドの一部ではあるのですが正確性で言うと微妙です。

その為、かなり余裕を持った使い方が必要です。例えば3GBまでに抑えたいなら、my楽天モバイルで、2.5GB程度になると通信をやめておくなどです。

まとめ:Rakuten Mobile(楽天モバイル)のデメリット

楽天モバイルのデメリット・注意点は以上でした。気になることありましたか?

スマホの持ち込みが難しいかもね。

確かに。
iPhoneなら問題なさそうだけど、
全く未対応のスマホもあるから・・・

楽天モバイルへ乗り換えを考えている人は、しっかり確認してください。特にデータ通信は、どの程度使うかでお得感はちょっと変わります。

スマホについても、ポイント還元キャンペーンもあるので、購入がオススメです。

しっかり、確認できたら、次はコスト無料で楽天モバイルへの乗り換え手順について詳しく確認しましょう!

あるいは、MNP転入で乗り換えする前に、事務手数料が全て無料なので、先に一度新規契約で加入するのもアリですね。

♪楽天モバイルなら、0円運用もできる♪

タイトルとURLをコピーしました