[2021年最新] 楽天モバイルの5G通信と、おすすめ対応スマホ端末(iPhone他)について

楽天モバイル

楽天モバイルは、2020年9月30日より5G通信をスタートさせ、エリアの拡大や対応のスマホ端末の充実を行ってきています。

今回は、現在の楽天モバイルの5Gの状況やスマホについて、整理して解説していきます!

楽天モバイル5G通信の現状について

楽天モバイルの5Gエリアは、徐々に増えています。公式サイトでも5Gのサービスエリアを確認できるようになっています。例えば上記ですが、5Gミリ波が青、sub6エリアが黄色ぽい色で分かれて表記されています。

なお、4G通信では楽天モバイルエリア外の地域は、auがパートナー回線としてカバーしていますが、auの5Gは対象外です。パートナー回線では、楽天モバイルの契約では4G通信のみとなります。

ミリ波とsub6とは?

4G通信でも利用している3.6GHz以下の帯域を含めた6GHz未満の電波帯域を、サブ6(sub6)と呼んでいます。

sub6の一部は、4Gの延長線上の技術でもあり、実際4GまたはLTEのアンテナ基地局を転用し5Gにすることも可能です。これらはスピード的には4Gと同等レベルの場合もあり、”なんちゃって5G”と呼ぶ場合もあります。

一部のキャリア(au・ソフトバンク)は、4G設備転用5Gを優先的に広げて、5Gエリアの広さをアピールしています。

一方、ミリ波とは、一般的な携帯電話で使われてきた極超短波より更に高周波な帯域で30〜300GHzを利用します。*上記の28GHzも通信業界ではミリ波の一部として呼びます。

こちらはまさに5Gと言える超ハイスピードな通信が可能です。なお、(後述しますが)スマホ端末もミリ波とsub6両方を対応するモデルと、sub6のみ対応のモデルがあります。

iPhoneはsub6のみ対応ですが、楽天モバイルの5G通信で、かなりスピード出てますね。

楽天モバイルで5G通信をするためには?

楽天モバイルは既に5G通信サービスを提供していますが、今自分のスマホで5G通信出来ないのは、故障やサービス不良ではありません。

5G通信をするには、以下の3つの条件が必須です。それぞれ確認しましょう。

  • 5G対応のプランに加入している
  • 5Gエリアに居る
  • 5G対応のスマホを使っている

5G対応のプランに加入している

楽天モバイルのプランUN-LIMIT VI(アンリミット6)は、5G通信対応です。追加料金も発生しません。

楽天モバイルを利用している人なら、「5G対応のプランに加入している」の条件は、楽天モバイルユーザー全ての人がクリアしています

早い話、楽天モバイルのUN-LIMIT VI(アンリミット6)は、4G+5G通信の契約です。ただし、楽天モバイルのプランは、パートナー回線(au)での5Gは対象外です。

他社格安SIMの場合、5Gがオプション有料の場合もあります。プランの変更をするかオプション加入かは通信会社によって異なります。

5Gエリアに居る

プランに入っている上で、5Gエリアに居ないと5G通信はできません。現在のところ多くの地域は4G通信ができるエリアですが、5Gエリアはまだまだ限られますが、広がっていますよ。

楽天モバイルも5Gのサービスエリアを公開しているので確認してみましょう。

5G対応のスマホを使っている

5G通信をするには、5G通信ができるスマホ端末を持っていることが必須です。5G通信が出来ないスマホでは、通信の契約が5G回線であっても、5Gのエリアに居ても繋がる事はありません。

逆も同じで、4G通信エリアでは5G対応スマホを持っていても、5Gには繋がらず4G通信となります。

*スマホについては次から詳しく紹介します。

楽天モバイル5G通信対応スマホ端末

楽天モバイルは、現在取り扱っているスマホを3種類に分けていて、iPhone・Rakutenオリジナル・Androidになっています。

Rakuten オリジナルはすべてAndroid(アンドロイド)スマホ端末です。なお、Rakuten オリジナルにも5G通信未対応スマホもリリースされています。

楽天モバイルが販売する5Gスマホ端末

楽天モバイルでは、iPhone・Rakutenオリジナル・Androidそれぞれから、5G通信対応スマホがあります。

端末名一括価格ポイント還元5G対応帯域
iPhone 13 Pro Max134,800円〜5,000Psub6のみ
iPhone 13 Pro122,800円〜5,000Psub6のみ
iPhone 1398,800円〜5,000Psub6のみ
iPhone 13 mini86,780円〜5,000Psub6のみ
iPhone 12 Pro Max122,800円〜5,000Psub6のみ
iPhone 12 Pro112,800円〜5,000Psub6のみ
iPhone 1279,800円〜5,000Psub6のみ
iPhone 12 mini69,800円〜5,000Psub6のみ
Rakuten BIG S50,980円5,000Psub6/ミリ波
Rakuten BIG49,800円25,000Psub6/ミリ波
AQUOS R5G128,800円20,000Psub6のみ
OPPO Reno5 A42,980円25,000Psub6のみ
SONY Xperia 10 III lite46,800円5,000Psub6のみ
AQUOS zero669,800円5,000Psub6/ミリ波

iPhoneについては、iPhone 12シリーズと13シリーズの各4モデル計8モデルは本体が5G対応(sub-6のみ)対応で、楽天モバイルでも利用可能です。iPhone SEは3G/4G通信機ですので5G電波は拾いません。

Rakuten オリジナルは、Rakuten BIGとRakuten BIG Sの2モデルがあり、sub-6およびミリ波に対応しています。Rakuten BIGのポイント還元キャンペーン額は大きいので狙い目です。

最後にAndroidですが、AQUOS R5Gと、今年リリースされたOPPO Reno5 A・Xperia 10 III lite・AQUOS zero6が5G対応のアンドロイドモデルとして楽天モバイルで販売されています。

今後リリースされるスマホは全て5G対応になると予想されます。

SIMフリー機で楽天モバイル対応の5Gスマホ

楽天モバイルは、対応機種が限定されることもあり、ただ無闇に持ち込んでも使えないことがあるので注意しましょう。その中で楽天モバイルの5G通信対応のSIMフリー機は次のがおすすめです。

  • Google Pixel 5a(5G)
  • Google Pixel 4a(5G)
  • Google Pixel 5
  • AQUOS sense5G
  • OPPO A54

上記のモデルは、楽天モバイルが公式に利用可能と表明しています。

HUAWEI P40 lite 5GとHUAWEI P40 Pro 5Gは、楽天モバイルでの5G通信不可です。

まとめ:楽天モバイルの5G通信

楽天モバイルの5Gの現状は理解できたでしょうか。これからの主流になる通信ですが、まだまだ始まったばかりです。

スマホの対応も限られたりと条件もあるので、急いで5Gに乗り換えを考える必要はありませんが、楽天モバイルはしっかり5G通信へ対応すべく動いていることを理解できたいと思います。

現在は4G通信で安さを堪能しつつ、数年後には5Gでも満足できる安さをさらに享受できるのが楽天モバイルではないでしょうか。

♪楽天モバイルなら、0円運用もできる♪

*5G通信とデータ量5GBの”G”は違う意味

5G通信のGは、Generation(訳:世代)の頭文字Gです。一方、データ量の5GBのGは、Giga(ギガ:単位)のGです。

5G通信は、第5世代通信と言う意味になり、今の主流は(1つ前の)4G(第4世代)通信です。データ量は、K(キロ)・M(メガ)の次の単位であるG(ギガ)で、5GBの読みは5ギガバイトです。

通信関連では”G”の文字が多く出てきますが、違う意味が多いので注意です。1Gbps(通信速度)とか、28GHz(周波数帯)などもありますが、こちらは”ギガ”の意味で単位の1つす。

タイトルとURLをコピーしました